New event information Onigiri Night

*日本語は以下にあります。

When you do something different at different place than usual, you might meet good encounters and somehow you have fun day.

LINDA HOSTEL 106 is new open hostel but the place various type of people.

There are the time when here is international depends on the day.
But we want to make time to give fun time to the non-Japanese people living.

so we organizing international events at LINDA HOSTEL 106 that is “Connect with people, broaden your world” for all people non-Japanese living in Osaka, tourist, and Japanese in Osaka.

And this time is…

We give you the good time of enjoyable Onigiri cooking experience at BAR together.

▼Guest introduction
One of this event organizer is Rice girl Sawa! Thank you for corporation.

Rice girl Sawa

▼Content detail
~ Let’s make onigiri (rice balls) with your new friends ~

Onigiri is Japanese local foods, rice balls.
I prepare a onigiri experience booth. You can know how to make onigiri and connect people from various countries though onigiri. I want to help you making new friends though our event.

You can find new onigiri because I prepare unique ingredients such as:
① Snow peas, Salad kelps, and tenkasu (crunchy bits of deep-fried dough produced as a byproduct of cooking tempura)
② Tuna, Mayo, and Japanese herbs
③ Salmon and Sour cream

  • I might change ingredients without notice.

We also prepare Japanese sake that is refreshing taste and dry from Niigata pref for halving fun convention onigiri and it.

  • Why onigiri is ? -
    Anyone from adults to children in Japan loves onigiri. We put some thought into it when we make onigiri, so the onigiri can convey the thought to people eating it such as a parent to her child, from a wife to husband. That is why we love onigiri for a long long time, and it is delicious. Onigiri is not only Japanese local food but also special food for us.

▼ Highly recommended for…
People who want have Japanese friends
People who love to eat
People who love to interact with others

▼Event detail
●Event date:5th July 2019 time : 18:00 PM − 20:00 PM
*Onigiri cooking event booth close 20:00 PM BUT Linda Bar is open until 23:00 PM

●Place:LINDA HOSTEL 106
https://goo.gl/maps/WrhLMGctKJ7Futro8
1-1-8 Ukida, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
↓ HP access URL
https://lindahostel106.com/access/

●Price:Onigiri cooking experience; 500 yen for each + Drink costs separately (Cash on delivery service, please order at least one drink at bar counter)

●The fixed number:20 people

●How to join
Please push the join button, and answer the foam at this link then we accept your participance.
Participation foam↓
https://forms.gle/cFkK4nqVAEDXNFPz8

Thank you for reading.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもとは違う場所でいつもとは違うことをしてみると、素敵な出会いに巡り合えたり、なんだか一日が楽しくなったりする

LINDA HOSTEL 106は、上は宿泊施設だけど一階のLINDA BARは沢山の人が集まる場所

日によっては国際色豊かになる日もよくあります。
でも僕たちは大阪に住んでいる外国人の人たちも楽しませ、大阪の魅力、日本の魅力をもっと発見してほしい。

そのために在住外国人、外国人旅行者、大阪に住んでいる日本人がみんなが楽しめる国際色豊かなイベントをここ「人とつながる、世界が広がる」LINDA HOSTEL 106で開催します。。

今回は、、

今や世界で大人気のおにぎり作り体験をBARで楽しめる、そんな時間にしようと思います。

この企画に今回協力をしてくれたのは、お米女子のSawaさんです。

▼企画内容
〜新しい海外の友達とおにぎりを作ろう〜
おにぎり体験ブースを用意しています。


海外の人たちとの交流のツールとしておにぎり体験を活用してほしいと思っています。日本のローカルフードを伝えながら一緒に作ることで新しい海外のお友達との素敵な思い出作りの場になればいいなと思っています。

変わり種の具を用意しています。
例えば…
・絹さや×塩昆布×天かす
・ツナマヨ×大葉
・鮭×クリームチーズ


※予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

当日は、新潟県産の辛口でスッキリした味わいの日本酒も用意しているので、おにぎりと日本酒の組み合わせもお楽しみください!

〜なぜ、私がおにぎりを選んだのか…〜
私たちにとって身近なおにぎり。皆さんはおにぎりと聞いてなにを思い浮かべますか?お弁当… お母さんの味… 運動会…。

私は、お母さんの味です。学生時代、母は寝坊した私にいつもおにぎりを握ってくれました。そのおにぎりがとても美味しかった事を覚えてます。そして、おにぎりはただ握っているのではなくて、食べてもらう人の事を想って握っているから美味しいんだなと、私は気づきました。

おにぎりが日本のローカルフードであるという事と一緒に想いも一緒に握られているという事を海外の人たちに伝えていけたらな…と、思い、私はおにぎりを選びました。

▼ こんな方にオススメ
・外国人と友達になりたい人
・人と交流するのが好きな人
・楽しい時間を過ごしたい人

▼詳細情報
●開催日時:2019年7月5日 18−20時
*おにぎり作り体験ブースは20:00までで、その後は23時までLINDA BARは開いております

●開催場所:LINDA HOSTEL 106
https://goo.gl/maps/WrhLMGctKJ7Futro8
大阪市北区浮田1-1-8

会場HPのアクセスURL ↓
https://lindahostel106.com/access/

●参加費:おにぎり体験1人500円 + ドリンクは別途(キャッシュオンで一杯以上お願いします)

●定員:20人

●参加方法
こちらで参加可にしていただき、予約フォームに回答していただけると参加予約完了になります。
予約フォーム↓
https://forms.gle/cFkK4nqVAEDXNFPz8

最後まで見て頂き、ありがとうございました。