LINDA HOSTEL 106 GRAND OPEN 人とつながる、世界が広がる拠点が大阪に

いよいよ LINDA HOSTEL 106 が正式に、グランドオープンすることが決定しました!

 

 

お待たせして、ご心配をおかけして、本当にごめんなさい。

 

 

一年間の準備期間を経て、ようやくオープンです。

 

この一年間、たくさんの準備をしてきました。

 

2019年6月1日から、また新しい出会いが生まれ続けると考えると楽しみで仕方ありません。

 

 

ではグランドオープンということでLINDA HOSTEL 106のおさらいをしようかと思います。

 

 

LINDA HOSTEL 106の由来は? 

ここは、ニューヨークブルックリンのごとく古い住宅や倉庫などが残っている大阪でも数少ないエリアで、元々この建物は長年倉庫として使用されていました。

 

 

もともと倉庫の状態から、耐震工事もしっかりとした上で宿泊施設としての機能が備わりました。

 

ホステル名の由来はアメリカ50年代(フィフティーズ)に保守的な大人たちから批判を浴びつつも、先鋭的で刺激を求める若者たちの“本気の遊び心”を、大阪天六という昔ながらの下町を舞台に、常にチャレンジし続ける若者たちへ、本気で遊べる空間の提供したいというビルオーナーの想いでもありLINDAはフィフティーズの伝統的なマスコットガールの名前だったので、そのコンセプトを感じてもらえるホステル名として名付けました。

 

そんなLINDAの由来に加えて、"人とつながる、世界が広がる"きっかけを届けていきます。

 

 

ゲストたちがもっと大阪の旅を楽しんでいただくために、よりたくさんの出会いを生み出すための機能として、BAR併設の設備にし、たくさんの人がこの場所で交流できる仕組みを考えます。

 

 

明日1人で旅するより、この場所で仲良くなった人と旅する方が思い出がもっといいものになるかもしれない

 

ボードゲームなどを通して肩肘張らず、気軽に交流できるような場所

 

イベントが行われたり、なんか楽しいことが盛りだくさんな場所

 

いろんな人が集まる場所

 

 

もう一つの出会いを生み出す機能はACTIVITY

 

 

中崎町と天神橋筋商店街というディープな場所に囲まれているLINDAには魅力的なスポットがたくさん

 

そんなローカル漂う場所にいる面白い人たちを僕たちLINDA HOSTEL 106がつなぎ、たくさんの素敵な出会いのきっかけを作っていきます。

 

町歩きや、銭湯体験、はしご酒など、ローカルなライフスタイルを疑似体験できるような機会を提供していきます。

 

 

この二つを通してLINDA HOSTEL 106の良さは発揮されます。

 

つまり、ただ泊まるだけの宿ではないのです。

 

 

ここにこれば、面白くていい出会いがある、とても楽しい

 

人とつながる、世界が広がる

 

 

大阪にそんな場所ができます。