GW中のテストオープンで思い出した大切なLINDAのコンセプト

来てくださった方もいらっしゃるかもしれませんが、実はGW中の4/27~5/6に運営の確認も含めてプレオープンしていました。

 

まだまだ、設備の面でも完璧に整っていないなか、予想以上の人数の方々に来ていただき、てんやわんやになりながら営業させていただきました。

 

反省点は挙げだしたらキリがありませんが、海外からの旅行者とbarに来てくれた日本人のお客さんが一緒にボードゲームで遊んだり、言葉が通じなくとも意思疎通をとり、盛り上がっている姿を見てとても感動しました。

 

「自分たちが作りたかったものが少しだけど作れている」そんな気持ちを抱きました。しかし、レビューを見ると手厳しいお言葉も。。。

 

最寄駅からの道順がわかりにくい、1人では入りにくい、などなど。

 

見落としていたことや、自分たちの準備不足や不注意によって引き起こしてしまった課題に直面し未熟さを感じました。

それでもやはり、反省を生かしてもう一度挑戦していく元気をくれたのもまたお客さんから頂いた言葉でした。

 

 

例えば

 

海外の方からは

「 This hostel is the most fantastic hostel I’ve ever stayed!!!」

(このホステルは俺が泊まったホステルの中で一番素晴らしいホステルだ!)

 

と言っていただいたり、日本人の方からは

「ここには泊まる以上の価値があります」

と言っていただき、思わず「そうなんですよ~」とか言ってふざけてしまう場面もありました。笑

 

そんな毎日が新鮮な9日間を笑顔で過ごさせていただき、本当に人に恵まれたホステルだと感じました。

 

だからこそ、至らない点は直して、もっと良くできる部分はどんどん良くしていく。

 

そんな反省と改善を繰り返して完成のない、足を運んでもらうたびにどこかいい方向に変化している、そんなホステルとバーになれるように準備し営業していきます。

 

ですから、気軽にスタッフにお声がけをして下さいね。

 

「どこか変わった?」や「ここはもっとこうしたら?」など、どんなお話でも構いませんが、盛り上がると仕事を放棄して一緒に楽しんでしまうのでそこにはご注意を!