LINDAガイド部の初めての活躍 @ 中崎町博覧会

 

僕たちLINDAの1つのコンセプトとして、「ローカルとつながる」をお手伝いしたいという思いがあります。

その中で天満、天六、中崎町を中心に、外国人旅行客の方を案内してあげたいという思いから、LINDAガイド部を作りました。

 

 

 

このガイド部は、国際交流が好きな学生の方や、LINDAの思いに共感してくれた若いメンバーを中心に構成されており、とても積極的に活動してくれて頼もしい限りです。

 

LINDAガイド部のメンバーの紹介はまた後日行いますので楽しみにしておいてくださいね。

 

 

そんなガイド部は、手ぬぐい屋さんの「にじゆら」の小島さんにお声がけをいただいたことがきっかけで中崎町博覧会にガイドとして参加させてもらいました。

 

 

小島さんとは、トミーが外国人の方を個人的に「にじゆら」にガイドしたことがきっかけでLINDAのことを知っていただき、今では小島さんオススメのうどん屋さんに連れて行ってもらうこともあるくらい、公私ともにお世話になっている方です。

 

そんな小島さんは、世界を旅した経験を通して、日本の伝統文化を世界に届け、そして地元に貢献することを志し、ご出身が堺市ということもあり伝統工芸品である手ぬぐいを手に取ったそうです。

 

 

そんな小島さんを中心に、LINDAガイド部のための休憩所や、LINDAガイド部のブースとしてご自身のお店の一部を貸してくださったプリザーブドフラワーを多く揃えているmi-muさんなど、数多くのお店の方にご協力いただき、4/13,14に行われた中崎町博覧会にガイドとして参加してきました。

  

 

ここで、中崎町博覧会とはものづくりをテーマにお店同士が協力し中崎町の魅力を発信していくイベントです。

LINDAガイド部としては、中崎町は素敵なお店がとても多くありますが、道が狭かったり入り組んでいたりするので、1人や初めて来た方だと行きたいお店にたどり着きにくいのではという不安を解消すべく、自分たちのブースを設けて頂いた他には、積極的に声をかけるなどをしてガイドしながら、中崎町の魅力を伝えるお手伝いをできればという思いで関わらせていただきました。

 

そんな活動を通して、お客さんとお店の方が仲良くなる様子を見て嬉しく思ったり、「案内してもらったおかげで色んなお店を知れました!絶対に中崎町また友達と来ます!」といったお言葉をもらってついつい「俺もそん時まぜてや~」などと調子に乗るメンバーを見て「アホやな~、こいつ」と思ったりもしました。笑

  

また、中崎町がどのように変わってきたのかような初めて聞くような話を聞かせてもらうことあり、とても充実した活動となりました。

 

そして、今回の中崎塗油博覧会を通じて中崎町の魅力はお店はもちろん、お店の主人の方にもあると強く感じました。

 

例えば、ご自身のお店にある商品1つ1つを手作りで作っていたり、商品の背景知識を教えてくれたり、どんな思いでお店を始めたのかなどのような話を丁寧にわかりやすく聞かせてくれます。

 

ご自身でやられれているお店を心の底から好きだからこそできることだと思います。

 

ですから、そんな魅力も含めて、外国人の旅行者の方にとどまらず、あまり中崎町に来たことがない日本人の方にも魅力を伝えていきたいと思いました。

 

これからもお店のことや地域に関して詳しくなりながら一人でも多くの方に魅力を伝えて行きたいなと思っています。