オンリーワン 創作書道体験

Only one creative Shodo

アート & デザイン <Arts & Design>

アンバサダー自己紹介

私は、今柄紫峯と申します。
書道歴は37年。指導歴は20年になります。

まず日本固有の「ひらがな」は、右手で書くように構成された文字です。

そのため私は、元々左利きだったため4才の頃に右利きに直すため書道を始めました。

書道は、継続すること(don't give up)が大切です。

私は書くことが本当に大好きで、4才から今まで書道を辞めたことはありません。

私は、美しく書くことを一生かけて追及し続けると確信しています。

20歳で師範取得をすると同時に教室を開き今に至ります。

私自身、左利きというハンディからのスタートだったので、上手く書けない人の気持ちや「どのようにしたら上手く書けるようになるか」を他の書道の先生よりも経験が深く、理解できると思っています。

そのため、書道初心者にも分かりやすく教えることができます。 また私は、身近に手に入る物でDIYをすることが得意なため、ただ書道用の紙に文字を書く体験ではなく、DIYをプラスした書道体験で皆さんを楽しませたいと思います。

I’m Shiho Imagara

I’ve been studying for Japanese calligraphy(Shodo) for 37 years and teaching it for 20 years.

For the first Japanese specific letter “Hiragana” is composed for right hand writing.

HOWEVER, I was left-handed, so I started to learn Shodo when I was 4 years old and I was into Shodo then. So I never quit to keep learning Shodo. It’s is very important to keep learning for Shodo culture. I’m quite sure that I keep to strive for writing more beautifully in my life.

When I was 20, I got the title of Shodo Shihan(master of Calliograph), at the same time open own Shodo class, which continues to this day.

I had handicap at first because of left-handed. So I understand the person who is not good at writing. And I was always seeking how I can write letters more beautifully. And I also like DIY with common nearby things so I enjoy DIY creative Shodo too. I can share this original way of Shodo.

書道アート体験~オリジナルトートバック制作~

Creative Shodo Art ~create the original tote bag~

●体験内容

私の体験は創作書道といって、紙に書くだけでなくガラスや木板等を用いて作品を仕上げていきますのであなただけのオンリーワンな作品、体験ができることをお約束いたします。

今回では、日本が大切にする言葉を書いて、その作品をトートバックに貼り付けてオリジナルトートバッグを作ります。

また、単に文字を書くのではなく、美しい文字が生まれた背景(歴史)などを知っていただくとより書の魅力を実感していただけるはずです。

日本には、アジア圏の中でも漢字のみならず「ひらがな(カタカナ)」という固有の美しい文字が存在します。

ぜひ、私と美しい日本語の文字や意味を理解し、素敵な思い出を一緒に作り、楽しみましょう!

●体験内容タイムスケジュール

■所要時間:約90分

14:00~14:15(15分)

 自己紹介と本日の内容説明

※ここで手本となる文字の意味や日本語の魅力も紹介

14:15~14:20(5分)

いくつかの手本の中から一つ文字を選んでいただく。

14:20~14:30(10分)

筆の持ち方、基本の書き方をレッスンする。

14:30~15:00(30分)

選んだ手本を練習し、一番良く書けた作品を選ぶ。

15:00~15:30(30分)

布バッグに作品を貼りつける→完成

15:30~16:00 アンケート記入&ティータイム 16:00終了

●Content of Experience

My Japanese calligraphy is called creative Shodo, you not only write down Japanese letter but also decorate the letter using by gallass, wood and so on, so I guarantee you that is going to be only one Shodo work and only one experience.

This time, we create the original tote bag, you stick the letter you write on a tote bag together.

Not only just writing letter, you get to know the history of how Japanese letter was created and you might find the charm of Shodo.

Asian language group have Kanji letter, but In Japan, there is beautiful specific letter called “Hiragana(Katakana)” other than Kanji letter.

Let’s enjoy learning the meaning of Japanese letter and make good memories in Japan!

■Time schedule (about 90 mins)

13:30 Start of reseption

14:00~14:15 (15 min)

 Self introduction time and explain today experience outline

 ※Explain the meaning of Japanese letters, representing a model

14:15~14:20 (5 mins)

Choose the letter you want to write from the models

14:20~14:30 (10 mins)

Lesson of how to hold a brush in calligraphy and standard writing

14:30~15:00 (30 mins)

Practice the letter you chose and pick up your best work

15:00~15:30 (30 mins)

Stick your work on the tote bag and finish work

15:30~16:00

Feedback from teacher and tea time for interaction 16:00 finish!