人とつながる、世界が広がる

Connect with people, broaden your world

HOSTEL / CAFÉ & BAR / EVENT / ACTIVITY と4つの機能を持つ、”共につくる、完結することのない宿泊施設” です。

With four functions HOSTEL / CAFÉ & BAR / EVENT / ACTIVITY, Creating together and never completed hostel.

Staff introduction (Tomohiro)

スタッフ紹介(水口)

水口

1995年6月14日生まれ。大阪出身。新卒で就職せずに2018年4月にLINDA HOSTEL 106を運営する会社「株式会社LINDA HOTEL SYSTEM」を設立

ぼくがLINDA HOSTEL 106を通して実現したいことは、「日本を、大阪を好きになる旅人を増やすこと」です。

そのためにぼくは、ここに訪れる旅人たちに豊かな出会いを創り続けます。

なぜぼくがそう思ったのか?ホステルを始めようと思ったのか?そこには二つのストーリーがあります。

一つ目は、アメリカ留学中に自分の殻を破ろうと思い、フリーハグをしながらアメリカを横断しました。その結果、気づいたのです。旅先での出会いが旅を一番豊かにすることに。

日本に帰ってからアメリカ横断について語ることは、現地で訪れた有名な観光地のことよりもフリーハグで出会った現地の方々の事ばかりでした。あんな人がいて、こんな人がいて、こんな話をして、こんなこと教えてくれたと。

水口2

その後訪れた国でも現地での人との出会いを求めるようになり、旅先では観光地ではなく、誰かと出会おう事に興味を持つようになりました。だから旅先での宿泊は必ずコミュニケーションが生まれやすいゲストハウスでした。

二つ目は、出会いが旅を一番豊かにすることであることを確信させてくれたインドで出会ったKeshavという同世代の男の子との出会いでした。

旅行中に仲良くなって、彼の家に招待されました。Keshavの家族はあたたかい歓迎をしてくれ、インドの伝統的な食べ物やスイーツを食べさせてくれたことを鮮明に覚えています。友達も紹介してくれ、現地の人しか行かないようなマーケットに連れて行ってくれました。インド人の同世代のライフスタイルは新鮮なものばかりで、何よりもインドとインド人がめちゃくちゃ大好きになりました。それにKeshavも日本人であるぼくと会話することによって、日本に興味を持ってくれたのも嬉しかった。別れる時、「次に会うときは日本で!」と約束も交わしました。

Keshavが日本に来たときは、彼や彼の家族がしてくれたように、友達や家族に彼を紹介するし、彼と会ったことがきっかけで、日本人がインドについて、興味を持つきっかけにつながって欲しいと思います。

「旅先での出会いを通して得ることができた思い出が、どこかの誰かに届いて、そして、それが世界に広がる」

旅にはそんな素敵な循環があると信じています。想像するだけでとてもワクワクする。そんな世界をみんなでシェアしたい。

水口5

ぼくは、そんな循環を促進させることができるゲストハウスをやることに大きな意味を感じました。

だから、LINDA HOSTEL 106では、日本を旅する旅人に、たくさんの出会いのきっかけを提供し、日本が大好きになるくらい最高の出会いを通して素敵な思い出を持ち帰ってほしいです。

Born in Osaka 14th June 1995. After graduated, I chose not to enter the company, and established LINDA HOTEL SYSTEM, Inc. manage LINDA HOSTEL 106 April 2018.

The thing I want to implement through LINDA HOSTEL 106 is "to increase the traveler who get to like Japan, Osaka".

水口4

For that, I keep creating wealthy encounters for traveler who visited here.

Why did I think so? Why did I start hostel business? There are two stories.

First story, I thought I need to break out of my shell, so I traveled around whole America doing free-hug challenge. As a result, I realized it, the encounters make the traveling wealthier.

After coming back to Japan from America, what I talked about my travel in America is only about people who I met during free-hug than famous place and tourist place. There are funny people like this, and we talked about something and they taught me a lot.

After that I tend to seek the encounters with local people and take interest in meeting new people, not tourist place. So, the accommodation when I travel is always guesthouse or hostel, because I can meet new people.

Second story is an encounter with same age boy called Keshav who met in India. He makes me be sure that traveling enriches my mind.

水口3

I get along with him during traveling, he invited me to come to his house, and I received a warm welcoming from Keshav's family, I still clearly remember that they gave me Indian traditional foods and sweets. He also introduced his friends and they took me the local market place such that only locals visit. Indian same age lifestyle is all new for me and I got to love Indian people and India. And also, I was glad that Keshav took in an interest in Japan by talking with me Japanese. When of farewell, we made a promise "We will meet again in Japan!"

When he come to Japan, of course I introduce my family and my friends to him as well he did for me, also I hope it would be opportunity that my friends take an interest in India as well.

"The memory that made by the encounters during traveling lead to someone somewhere and it spread to all over the world"

I believe traveling has that kind of cycle. I'm getting excited just thinking about it. I want to share this vision.

I felt it means a lot for me to manage own hostel that is able to facilitate circulation

I would like to provide the opportunity that traveler from over the world meet with new people at Osaka and have interactions and get friends and get the valuable memory. And then the cycle of meeting like that they get to like each country at LINDA HOSTEL 106.

FreeHugs challenge in N.Y

Staff introduction (Shunkei)

スタッフ紹介(張本)

張本1

1995年1月2日生まれ
株式会社LINDA HOTEL SYSTEM 取締役

これまで自分自身の今や将来についていつも迷っていました。どうしてそうなったのか「時代のせい?」「環境のせい?」「自分自身の問題?」本当の原因はわかりません。

これまでは、常に他責の念にかられ周囲に合わせることばかりを考え、自分が言いたいこと、やりたいことを誰にも何も言わずに過ごしてきたことで「どう生きたいのか?何がやりたいのか?」と問われると、自分のことなのにさっぱりわからない。そんな人生でした。

子供の頃からずっと自分が日本人と外国人とのハーフであることなど他人と違うことを隠し、周囲の人からはみ出せば嫌われると思っていました。その思いは、大学2年生までずっと続いていたのですが、オーストラリアに留学をし、沢山の国籍や人種の人がいて、彼らは自分と圧倒的に違うんだと実感しました。性格も見た目も、価値観も働き方も本当に色々なことが違い、そこで意見をあまり発さない自分に「up to you(お前が決めろよ)」とトルコ出身の友人によく言われていました。

その経験があったからこそ、もっと自分の個性を大切にしようと、「周りに合わせて嫌われずに楽しむ」よりも「自分らしさを大切にして楽しむ」ことを大事にするようにしたいと考えるようになりました。しかし、卒業後一般社会で働く中で、自分らしく楽しむことと働くことを両立させることの難しさを感じました。そもそもそれを求めること自体が甘えなのか、と悩んだこともありました。

そんな自分でしたが、今は、かつてないほど自分らしく楽しんで働けています。

張本2

アメリカの起業家であり自己啓発を手掛けるジム・ローンは「人間は、いつも周りにいる5人の平均をとったような人になるものだ」と語っています。これは、期待が人に与える影響のことで、大きな箱を与えてやればその分成長するが、最初から小さな箱ではそれ以上の成長は見込めない。ここでは、周りにいる人間からの影響という箱によって、自分が決まってくる。どこに自分の身を置くかで、人間は、その大きさが決まるというを言っているそうです。スコット・ディンズモア「最善の方法は、情熱的な人々の中に身を置くこと。無理だと思うことをやり遂げる 1番の早道は、既に成し遂げている人たちの中にいることです」と言いました。

僕は、「自分らしさを大切にして楽しむ」を実現するために、自分にとっての「探し物は何か」を知り、なりたい自分にたどり着くためには、もう一歩先に進むために刺激を与えてくれる人の中に飛び込むことだと思いました。

張本4

株式会社LINDA HOTEL SYSTEM の代表取締役でもある水口との再会により新しいチャンスを掴んだことで「探し物」を見つけることが出来たのです。

「自分らしさを大切にして楽しむ」ためには魅力的でエキサイティングな人と繋がる事が一番大切な要素だと思い、人種、国籍を問わない多様性があり、いろいろなジャンルに対して興味深い人が集まるゲストハウスという空間に惹かれました。

そして探し物の一つであるゲストハウスを開業する事が実現出来たのです。

LINDAには、世界中の旅人、地元の人や学生、社会人な魅力的でエキサイティングな人々が集まります。だからこそ、訪れる人が、自分の好きなこと、やりたいことをLINDA HOSTEL 106を通して「自分を理解すること」「自分固有の強みが何かを見つけること」「自分らしさを大切にして楽しむこと」のきっかけとなる時間や空間を創っていきます。

ここまで読んでいただいたみなさまと、LINDAでお話できることを心より楽しみにお待ちしています。

Born in 2nd January 1995.

I usually had not been made up the future and present of myself. I hadn’t known why I was thinking if that is cause of generation, environment, and just myself. I had cared about what other people think. That is why, I hadn’t known myself when someone had asked me “what do you want to do? How do you want to live? “because I had spent time without telling what I had wanted to do and tell. I took care what other people think of me, and I adjusted other people without my opinion. My life was that.

張本3

I hadn’t told other people I was half Japanese half Korean sine I was a child because I hadn’t thought people would hate me if I were different of other people. However, I had had the thinking until I was sophomore, I realized that I was completely different from people who had various nationality or race when I stained at Australia for studying abroad. I was totally different from them because of personality, outlook, values, and styles of work. I didn’t tell my opinion, so My friend from Turkey usually said me “Up to you”. 

I want to take care good of my personality depends on that experience, and I have thought I want to cherish “taking care good of myself and enjoying” more than “adjusting myself to others and enjoying.”  However, I realized that balancing work and being myself was different. Moreover, I was concerned that I required it was not good. I was like that, but I enjoy my work being me right now.

I quoted one sentence from word by Jim Rohm, An American entrepreneur and self-development writer “You are the average of the five People you spend the most time with” This word is about influence that expectation effect to human, it means that if people are given the big box(environment), they grow for all trouble they have. However, if it’s small box from scratch, never grown up. But about this word, explain that your position is depending on the box is such as the influence form people surrunding. So, it says that size is decided depending on which position you are in. And also, I quite another word to make clear here, Scott Dinsmore said “Suitable way is to put yourself into the environment that there are passional people. The quickest way to achieve what you want to do is to be in the society that there are the people who already achieved it”

I knew “What I’m looking for” for myself to implement “to enjoy valuing to be myself”, and for reaching to myself I mean to be, I thought it’s to jump into the environments that give me encourage to take a step.

And I found “what I’m looking for” through I got new chance when I meet gain Tommy who CEO of LINDA HOTEL SYSTEM, Inc.

“To enjoy valuing to be myself”, I thought it’s the most important point that I have connection with attractive and exciting people, and I was attractive to the guesthouse where the interesting people who have variety and diverse and from all over the world gather.

And finally, the one of thing I’m looking for, to start the guesthouse came true.

In LINDA, traveler from all over the world, local people and students, and exciting and attractive people gather here. That’s why, I keep creating the time and the space where is going to be chances of “To understand yourself”, “To find out what is my specific strength”, “To enjoy and valuing to be yourself” through LINDA HOSTEL 106.

Thank you for reading here, and I’m waiting for you when I can meet and talk with in LINDA.

(Reference) Scott Dinsmore / TEDxGOLDEGatePark2012

STORY

”はじまり”

2017年に代表の水口がアメリカ横断の旅で世界中の人が交流しているゲストハウスという空間に惹かれ、「ゲストハウスを創りたい」という夢を持つように。そして、その気持ちを発信していたことで、物件を所有しているオーナーとのご縁があったことで、ゲストハウス経営に挑戦するチャンスを与えてくださりました。ここがターニングポイントです。想いはあれど、それを実現することはとても難しいと思います。ですが、僕たちは、オーナーに自分たちの夢をしっかりと伝えることで出来た事で、そのチャンスを得ることができました。だからこそ、誰よりも、”人のつながり”に価値を感じているのです。

"The beginning"

While traveling around the United States in 2017, the creator of Linda Hostel 106, Tommy, took an interest in the places known as guesthouses where there are many interactions between guests from all over the world. From then on, he dreamed of opening his own guesthouse. He talked about that dream online and it turned out he had a connection with the owner of the building where Linda Hostel is now, who gave him a chance to start a guesthouse. We think it’s difficult to implement a dream even if you have one, but we got the chance because of the building owner. That's why we believe in the connections between people.

Story2

”再会”

水口がゲストハウス開業準備を始めていた2018年1月頃、張本が仲間に加わりました。最初の出会いは、2016年の4月。そこから1年半会うことはなくFacebookで繋がっていただけでしたが、同じように旅が好きで、人がつながる空間を創りたいという想いを持つ二人は再会したその日に「一緒にやろう!」と。直感です。

"Reunion"

In February 2018, when Tommy started to prepare hostel to open, Shunkei joined the project. They had first met in April of 2016, but for a year and a half after that had talked only on Facebook. They realized they had the same likes and passions and loved to travel, and that they both wanted to create a space where people could connect. So they decided to do it together.

Story3

”開業準備スタート”

そして、2018年4月2日に株式会社LINDA HOTEL SYSTEMを共同創業。しかし、二人ともビジネスを立ち上げた経験もなければ、社会人経験も乏しく、本当に敷地面積50坪、建坪150坪の3階建ての倉庫をスケルトン状態からリノベーションし、BARもあれば2・3階に40ものベッドがあるホステルを運営できるのかと、ずっと不安を感じていました。

しかし、2018年6月から毎週水曜日にCAFE&BARを間借りし、BAR修行も兼ねて週一営業を始めると、友だちやSNSで繋がっている方々が遊びに来てくださり、一人で来られた方が帰る際には他のお客さんと友だちになって帰っていく。その景色を見て、「自分たちがやりたいことは間違っていない」と感じながら、準備を進めることができました。結果的に半年で、述べ300人を越える方が来てくださったこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

また、地域に根付いた場所にしたかったので、色々なお店に足しげく通ったり、第二・四土曜日は清掃活動をしたり、日本三大祭にもある天神祭で神輿を担いだり、外国人旅行者に中崎町を案内したりといった活動も。「お前たちには無理だ」なんて言う人はおらず、「いつでも協力するよ」と応援してくださる方ばかりで、この地域のあったかさに触れて、ますます中崎町・浮田・天満、そして、大阪のことが好きになっていきました。

"Start of opening preparation"

On April 2nd, 2018, Tommy and Shunkei established Linda Hotel System, Inc. However, neither of them had any experience starting a business, and had little knowledge as businessmen. So they were unsure of whether or not they could handle this newly renovated 3-story hostel, with a bar, 40 beds, a site area of 165 square meters, and total floor area of 500 square meters.
Starting in June 2018, they rented a cafe & bar every Wednesday. While they operated it one day a week as practice for running a bar, friends, people they knew over SNS, and people who came by themselves visited, got to know each other, and became friends. When Tommy and Shunkei saw that, they decided they were doing it right and that they wouldn’t give up. Over 300 people visited in 6 months.

They also wanted to make the hostel a place integrated with the surrounding area. They visited many shops and restaurants, had cleanup activities every 2nd and 4th Saturday of the month, participated in carrying a mikoshi (portable shrine) in the local Tenjin festival, and guided tours in Nakazakicho and Tenjinbashi. There was no one who was against them, saying things like they couldn’t do it; only people helping them, saying they would lend their support. They were touched by the warmth of those locals and come to love Nakazakichō, Ukida, Temma, and Osaka more and more each day.

Story4

”開業直前の3ヶ月”

怒涛の3ヶ月でした。2019年3月~4月は、プレイベントとして7つのイベントを開催し、300名を超える方が参加してくださりました。そして、同時期に、クラウドファンディングを実施し、280名の方から支援いただき、予定金額を超える支援金には本当に、感謝が止まらない日々を過ごさせていただきました。

同時並行で、コスト削減のために机やカウンターなどあらゆる部分をDIYで行うために、ボランティアで多くの方々が手伝ってくださり40個のベッドの枠にニスを塗る、でかい机をつくるなど大変な作業でしたが、これがあったからこそ、仲間たちと一緒に創りあげる楽しさを実感できました。そして、今後もLINDAは完結することなく、常に仲間と共創していく場所にしようと強い気持ちを持てたのだと思います。

そして、GW。この9日間はホステルもBARもテストオープンさせ、積極的な告知もしていないにもかかわらず世界中の旅人や地元の人たちに利用していただきました。旅人が他の旅人と、そして大阪に住む若者と一緒にボードゲームで遊んだり、話しているのを見て、「あぁ、こういう空間が創りたかった」と涙が出そうになりました。

"3 months before opening"

It was a really busy 3 months. Between March and April 2019, we organized 7 events, in which over 300 people participated. At the same time, we set up a crowdfunding campaign, to which 280 people gave support. We can never thank them enough for their support, which exceeded expectations. We DIY’ed to cut costs, and many people volunteered to make tables and counters, and build and varnish over 40 beds. It was tough work, but we felt the joy of creating something together. That is why we say our hostel is never completed—we always keep creating and changing with our friends.
During the extra-long 9-day Golden Week holiday in early May, we did a test-open just before the grand opening. Many guests from came to stay at our hostel. Seeing people from all over the world, locals, and friends interacting, chatting and playing board games almost made us tear up. This was what we had wanted to create.

Story5

”開業を迎えて” 

2019年6月1日に開業しました。今までを振り返ってみたら強く実感するのですが、ここは自分たちだけで創りあげた場所ではなく、とても多くの仲間たちと共に創ってきた場所です。これからも、ただ、お客様と店員の関係ではなく、垣根を超えて友人のような関係をつくり、一緒に何か楽しいことを仕掛けていけるような空間を目指し、”人とつながる、世界が広がる”を体現していきます。

"The Grand Opening"

1st June 2019 was the grand opening. Looking back, we realize that this hostel was created by not just us, but also lots of friends. So from now on as well, we aim to embody the phrase "connect with people, broaden your world" by forming relationships that cross borders—not just as staff and customers, but as friends—so that we can keep creating something fun together.

Opening party

Supporter introduction

サポーター紹介

「LINDA HOSTEL 106」は、水口と張本だけで創りあげた訳ではありません。多くの方々と共に、創りました。今後も、自分たちだけでなく、LINDA HOSTEL106に関わってくれる仲間たちとよりよい環境をつくりあげていきます。
そして、一緒に創りあげてくれた そしてこれから創っていくメンバーを紹介させていただきます!
(参加メンバーも募集中)

Specia Thanks!!

LINDA HOSTEL 106 is created by not only us Tommy and Shunkei, lots of people supported us and we were creating together, And also, we will create this hostel with supporters who try to be our side from now on as well. So we would like to introduce our supporter members here. (future member us also wanted too)

Special thanks.