なぜ僕が香港デモ交流会をサポートするのか?

今週のリンダ とは:

LINDAスタッフの関心事(本、雑誌、映画、スポーツなど)を文章にまとめ、週1回、月曜日に更新する取り組み。LINDA BAR に訪れてくださる方々とカウンターで話し、視野を広げ合ったり、深められたらいいな…

今回のテーマは、最近の香港情勢について

来週の12月4日の香港デモ交流会を、香港人の友人と主催します。

それにあたり、参加表明いただいている方、興味関心を寄せてくれている方のために、今回の今週リンダはこのテーマにしました。

***


その前に

まず政治的なテーマを扱うことになるので、批評的な意見もあることは承知していることを表明しておきます。

このテーマについて話す目的は2つあります。

  • 香港の現状についてできる限り理解、関心を寄せていただくこと
  • 香港と日本を含めた異文化間の繋がりをよりよくし、相互理解を深める

異文化相互理解というビジョンが根底にあり、香港デモというテーマを尊重した上で、異文化相互理解を育む場を作っていければと思います。

***

①なぜ僕が香港の情勢に興味関心があるのか

②現在の香港の情勢と、その経緯について

  

この2つを中心に話していきたいと思います。

 

なぜ僕が香港の情勢に興味関心があるのか

一番の理由は
香港の友達がたくさんいるからです。

アメリカ留学中や、日本にいるときに仲良くなった同世代の香港の友達がいます。

彼らと友達になった時は、香港の現状は知らなかったけど、今回のことがきっかけで友達として心配になり、調べたり、直接聞いたりして、何か自分にできることはないかとずっと思っていました。

もう1つの理由は、

香港のこの問題は、日本人の若者にとっても関係のある話だと思っていて、このことについて学ぶ姿勢を持った方がいいと思うからです。

とは言え、こんなことを発信していると、「お前と関係ないやろ」と、言われることもありますが、彼らの置かれた状況を理解することで、自分たちの現状を再認識することに繋がると思うからです。

自分たちが当たり前のように持っている権利を、今一度感謝し、自分たちが声をあげないと、知らないうちに置かれた環境は自分たちが望まない方向に進んでしまうということ。

香港人たちは、今回、自分たちの置かれた現状に危機を感じ、必死で自分たちの声を民意として主張しています。

日本人は彼らと同じ状況になった時、しっかりと声をあげるだろうか。そのためにしっかりと普段から備えておけるだろうか?

何が本当で何がフェイクかはこの情報社会の中では判断は難しくなっていますが、私たち日本人は今回の香港デモから何が正しくて、何が間違いかをしっかりと学ぶ必要があるということを言いたいです。

 

現在の香港の情勢と、その経緯について

 

みなさんも、ここ半年ほど、テレビのニュースやSNSで必ずは目にしたことはあると思いますので、現在の香港はかなり不安定な状態になっているのはご存知なんじゃないかなと思います。

どんな印象でしょうか?

危ない
遠い国の話
なんかデモ隊が暴れている
警察がすごい暴力を使ってる
催涙ガス
若者が頑張ってる

いろんな印象や意見があるかと思います。

今回では、なぜ今このような事態になっているのかを、歴史的背景から、経緯を簡潔に説明しようと思います。
(わかりにくかったり、それ違うよというのがあるかと思いますが暖かい目で見ていただけると嬉しいです)

●きっかけ

今の香港デモは、香港政府により逃亡犯条例という法案の改正に対する市民の反対から始まった。

逃亡犯条例とは、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする条例であります。
*現在ではこの条例の撤回が政府からの表明されています。

法案の草案が提出されたのは3月末で、この法案に市民が反対運動として初めて行われたのは、6月9日で、香港で過去最高の100万人規模に登りました。

市民は逃亡犯条例の撤回を求めました。

その1週間後に再度行われた6月16日に行われたデモでは、主催者発表でとうとう200万人を突破したという。
本当なら香港市民の人口は734万人なので、4人に1人が参加していることになります。

この時点では、平和的なデモ活動が行われ、今ほど過激なデモはなかったようです。

その後もデモが続く中で、香港警察による、催涙ガス、ゴム弾、警棒などでデモ隊を抑圧し始めましたのです。

次第に警察の抑圧の方法は過激さを増し、それに対して市民側も様々な対処を試みました

このデモ隊と警察の衝突により、多くの負傷者と、死者が出たのは事実であり、
市民の警察への不信感はピークに達し、香港市民はもはや逃亡犯条例の撤回だけでなく、香港警察の暴力の責任の追及も要求の一つとして強く主張しています。


この2つの要求に加えて、今は5つの要求を掲げ、「五大訴求、缺一不可」(五つの要求、一つも譲らない)というスローガンで、この五つの要求が受け入れられるまで戦い続けるという意思を持っています。

●歴史的背景

じゃあなんでこんなにもデモは続き、香港の人たちのほとんどは五大訴求のために、抵抗し続けるのでしょうか?

これには実に複雑で、彼らの置かれた現状が絡み合っております。

逃亡犯条例を機に香港人が立ち上がり政府に対して反抗し続けている背景の核として、この条例改正により、「一国二制度」の体制の事実上の崩壊の懸念から来ています。

「一国二制度」

香港デモの情報をフォローしている人は知っているワードではないでしょうか?

一国二制度を理解すれば、今のデモの人たちの立場が分かり、彼らの行動が理解できます。

一国二制度を説明するにあたり、少しだけ歴史の話をします。

知っている人は多いかと思いますが、香港は1997年までイギリス領でした。
1840年のアヘン戦争でイギリスに負けた中国(当時は清)は香港を割譲され、植民地になりました。

それから1997年まで、イギリスの法のや民主主義経済の体制の下、香港はイギリス植民地として飛躍的な成長を果たし、もはや”社会主義”の中国とは全く違う場所のようになっていました。

そんな最中、条約通り、1997中国に返還されることになるが、言わずもがな、圧倒的に異なった制度で成長した香港にとって、混乱を招くことでありました。

そこでイギリスは中英共同声明を発表した。

中英共同声明では、「中国は一国二制度をもとに、社会主義を香港で実施しない」「香港の資本主義の制度は50年間維持される」「外交・国防以外は高度な自治権を認める」「行政管理権、立法権、独立の司法権および終審裁判権を有する」ことが確認されている。

つまり一国二制度とは、香港は中国の一部ですが、今まで通りの香港のままにしますよ。というのを約束するための制度なのです。

●香港人が諦めない理由

1997年の返還後、一国二制度のシステムの元、中国の一部ですが、香港は高度な自治として、中国とは全く違う体制の元、香港市民の方々も生活してきましたが、
実は、だんだんと香港市民の中で、その制度の崩壊の懸念が強まっていたのでした。

1つ例としては、
中国共産党について、批評的な意見が書かれた文書を多く取り揃える本屋の店主が、突然何者かに連れ去られました。数ヶ月後、店主からその家族に今中国にいる、という電話がかかってきたのです。香港から出る時は、パスポートが必要ですが、パスポートが家に置いてあったということは、まず自分1人では出ることはできません。数ヶ月後無事に店主は香港に帰ってきたが、何があったかは一切話すことなく、本屋も閉めることになりました。

このように、中国本土では、共産党に対して、批評的なことを発言することは犯罪として扱われ、逮捕されることがあるそうです。

つまり、民主主義的な発言や行動は中国においては、犯罪行為と変わらないということ。

香港で、逃亡犯条例が可決されるということは、民主を求めることそれ自体が犯罪と見なされ、その理由だけで逮捕されてしまうことがあるということです。

実際今のデモの時点で、たくさんのデモ隊が逮捕され続けています。

逮捕されて中国本土に引き渡されてしまうとどうなるでしょうか?
これ以降は僕も確信的なことはわかないのではっきり言えませんが、相当理不尽な扱いをされるという情報があります。

つまり、逃亡犯条例可決=言論の自由がなくなるということに等しい。

だから、香港の人はこの危機に諦めず自分たちのアイデンティティを守るために諦めないのです。

が、しかし、中国という大国は経済的にも権力的にも強大で、香港市民にとって、今の現状からの脱却は相当難しいことです。

だからこそ、僕ができることは、少しでも彼らへの精神的サポートをすること。発信したり、このようなイベント開いたりすること。

***

 

みなさんとお話したいこと

・中国現代史
・日本現代史
・民主主義と共産主義
・人権って?
・民族って?
・アイデンティティとは?

ちょっと深すぎますが、これについて日本人として考えることは、今後の日本や世界を担っていく自分たちの立場として、重要なことであると思っていて、


しかし、日常生活ではこの事柄について話すことはなんか毛嫌いされたり、話が発展しなかったりで、全然機会がないように感じます。

でも僕は話したいので、この思いに共感してくださる方、ぜひお話したいです。

もしくは、直前ですが、12月4日の19:00からの香港でも交流会に参加いただけたら嬉しいです。もう40人分用意しているお席の枠はわずかですが、待っています。

イベントURL → http://ptix.at/h2dLm8

●最後に

僕は1人で考えるよりもいろんな人の意見を聞きながらこのことについて考えていきたいと思っています。

建設的なお話がしたいので、ぜひよろしくお願いします。

#今週のリンダ

【今週のリンダ】 映画『ジョーカー』を観て…

こんにちは、LINDA HOSTEL 106 の張本です。

今日から、#今週のリンダ を始めます。

 

#今週のリンダ とは:
LINDAスタッフの関心事(本、雑誌、映画、スポーツなど)を文章にまとめ、週1回、月曜日に更新する取り組み。LINDA BAR に訪れてくださる方々とカウンターで話し、視野を広げ合ったり、深められたらいいな...

 

今回のテーマは、『ジョーカー』です。

 

***

 

みなさま、話題の映画『ジョーカー』は見られましたか?

先日、ちょっと遅ればせながら見てきました。

この映画を観て、人によって印象に残るシーンも、受けたメッセージも違うと思います。ですので、皆さんにとっての『ジョーカー』を伺えることを楽しみに、感想を書いていきます。

※ ネタバレを含みます。見る予定のある方は読まないほうが良いかと...!

 

 

『ジョーカー』を見た感想

 

なんかもう、めちゃくちゃゾッとしました。

アメリカが舞台で、ずっと前の時代を描いていたのに、「自分はジョーカーにも、ジョーカーを生み出した社会にもなり得るぞ」「いや、過去を振り返ると、彼らのような振る舞いをしてきたんじゃないか」と、怖さを感じる映画でした...

なんだか他人事じゃないんですよね。

貧富の格差が大きい、生きづらさを感じる人が多い、といった時代背景が似ている描写も沢山あったからなのかもしれません。

自分も映画の登場人物の一員かのように感じ、特に、自分はジョーカーを生み出す社会になりかねないな... と感じたのが印象的でした。怖い。

 

***

 

「心の病などない、普通の人のようにしてろ」

冒頭のシーンではいきなり、ピエロの衣装で踊っているジョーカーが不良少年にボコボコにされるという。雲行きが怪しすぎませんか、最初から...

そして、貧しい家庭で生活し、突然笑い出すという理解され難い病を抱えているジョーカーは、人の目が気になり、周囲に合わせようとするもうまくいかず、職場、バス、アパート、電車、、、どこでも人から気味悪がられ、笑われてしまうという辛いシーンが続きます。

その中でズシンときた言葉がありました。

「心の病などない、普通の人のようにしてろと訴えかけてくる」

というジョーカーの言葉です。

「普通こうするやろ」と誰かに思ったことはありませんか?僕はあります。

自分の人生を通して培った”自分の普通”がより強固になればなるほど、”他者の普通”が受け入れられなくなり、「普通にしろ」と思ってしまうのかもしれません。

ジョーカーの周りにいる人は、「なにも面白くないのに、なんで今、彼は笑っているんだろう。気味が悪い」と思っていたはず。

”彼らの普通”には、突然笑い出す病気をもつ人はいない。だから、彼は普通じゃない。普通じゃないから、気味が悪いと笑う。

そしてジョーカーは、「自分は病気だ。もっと話を聞いてほしい。優しくしてくれ」と思っていたはず。それなのに聞いてくれず、虐げてくる、だから、間違っている社会(大勢の人)は壊してもいい。そんな考えが、徐々に”ジョーカーの普通”になっていくのだと思いました。

そして、それはジョーカーの行動を賞賛する貧困層の影響でより強固になってく...

  

***

 

”本当の悪は笑顔の中にある”

より多様な人と出会って話し、本を読み、いろいろな経験して拡げていかなきゃ、自分の中の”普通”が凝り固まり、自分がジョーカーを生む社会になってしまうんだろうなと感じました。

”本当の悪は笑顔の中にある”

この映画のキャッチコピーであるこの言葉は、自分が普通だと思わない人たちを嘲笑することで、ジョーカーが生まれていくと言っているのかも...

 

 

 

みなさんとお話したいこと

・ジョーカーをみた感想 / 気づき / 考察
・最後に暴れたスタジオで見たメモの「この人生以上に硬貨(高価)な死を望む」は、どういう意味?
・”本当の悪は笑顔の中にある”の真意は?
・ジョーカーを生まない社会ってどんなのだろう
・自分ならジョーカーにどう接するか
などなど

 
 
 

最後に

なんかまとまりないし、長文だしですごく読みづらかったと思うのですが、ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

これからは週イチで、月曜12時にとみーと交代しながら、僕たちが関心をいだいていることなど発信していきます。

ぜひ、また読んでやってください!

#今週のリンダ

国際交流イベント大好評 次は韓国ナイト🇰🇷

こんにちは、トミーです。

 

"異文化相互理解" Multicultural mutual understanding

LINDA HOSTEL 106では、これをテーマに国際交流のイベントを開催しております。

 

〇〇ナイト とい銘打って、基本的に水曜日の夜に開催しています。

今までは、たこ焼きナイトに始まり、お好み焼き、台湾、インドネシア、と大阪だけのテーマではなく、他の国をテーマにしたイベントも多数開催しております。

 

 

平均にしても、毎回、LINDAの一階のイベントスペースがほぼ埋まる、20前後の人が来てくれます。

 

毎回、すごくいい雰囲気でイベントが開催されるので、本当に僕たちもとても楽しくイベント企画ができます。本当に毎回来ていただいてる参加者の人たちには感謝です。

 

イベントの流れ

毎回イベントの流れは決まっていて、ざっくりとこんな感じです。

 

【料理作り体験】

第1回台湾ナイトでタピオカ作りの様子

その国ならではの料理を一部みんなで作りながら、楽しく交流します。

第二回台湾ナイトでは、水餃子と焼き餃子と酸辛湯スープを作り、インドネシアンナイトではナシゴレンや、ガドガドというピーナッツソースで茹野菜を食べたり、

 

【アイスブレイク】

1人で来る人も多いので、初めましての緊張をほぐす簡単な自己紹介アイスブレイクをします。

 

【クイズ or プレゼン紹介】

その国のことや、文化についてのクイズや紹介プレゼンをスクリーンを使って行います。

クイズは、1テーマにつき、日本にまつわることと、その国にまつわることの2問を出しています。

 

【グループ交流でテーマについて話す】

三つのテーマについて、4~5人グループの人たちで話合います。

恋愛や、趣味、学生時代の思い出、お互いの国の興味関心など、身近なトピックでお互いの違いについて知ることができます。

 

【フリータイム】

全てのコンテンツが終われば、あとはフリータイムで、グループ以外の人とも話合い。

一応コンテンツが終わった時点でイベント自体は終了なのですが、その後もみんな残って、一階のカフェバーの閉店時間まで、ずっと喋っています笑

その光景をみては、いつも嬉しくなります。

 

最後には全員で写真を撮るのも楽しみの一つですね。

 

そして、なんと言っても、一緒にこのイベントを作り上げてくれる運営スタッフにも大感謝で、日本以外のくのテーマの時は、その国のネイティブの友達と一緒に作っています。

台湾ナイトは台湾人と、インドネシアンナイトはインドネシア人と、韓国ナイトは韓国人と

 

これが重要です。この企画体制が、異文化相互理解のコンセプトを体現するには必須です。

 

なんせ、MTがすごい盛り上がります。

みんなもすごく楽しみながらやってくれるので、すごく有難いです。

 

そして!次回は韓国ナイトです。

11月6日(水) 19:30~

今回は、日本で話題の韓国風ホットドッグ

チーズハットグを作りますよ〜

 

イベントの流れは先ほど上に書いたと同じで、韓国ならではの話が聞けます。

 

イベントの申込はこちらのURL先のイベントページからお願いします。

http://ptix.at/99HWTO

 

ぜひ来てください!!

#まいにちリンダ 始めました。

どうも、張本です。

最近、Instagramのストーリーがマイブームです。#まいにちリンダ というハッシュタグをつけて、LINDAを訪れてくれた方々を撮っていくもの。

https://www.instagram.com/lindahostel106/?hl=ja

めちゃくちゃ良くないですか?笑 撮ってる僕らも、写ってるみんなも、とても楽しそうで好きなんです。

今後も続けていく予定なので、ぜひLINDAに来た際は #まいにちLINDA に出演してみてください〜笑

なんばone day tour 開発

こんにちは!

トミーです。

今日は、新しいサービス、なんば1日ツアーの視察に行ってきました。

 

 

黒門市場で食べ歩きをしてから、千日前道具屋筋を通って、戎橋まで行き、道頓堀あたりでたこ焼きを食べて、法善寺横丁でお参りをする。

 

定番のルートですが、いつもとは違うなんばを体感できて楽しかったです。

 

やっぱり海外の方もたくさんいましたね〜

 

今後もツアー開発に励んでまいります。

毎週木曜日に外国人がLINDAに立つ!? INTERNATIONAL BAR(仮)始めます。

こんばんは!!とみーです。

 

ホステルがオープンしてから早3ヶ月。

今までできる限りの取り組みをしてまいりましたが、大阪在住の外国人の方もよりあつまる空間にもなってきたのです。

 

第一回たこ焼きナイト
第一回おにぎりナイト
第一回台灣ナイト

国際交流系のイベントも多々やってきました。これからは国際交流系のイベントは水曜日にしていきます。

 

そして、毎週木曜日(仮)に在住もしくは、旅行中の外国人にバーテンダーになってもらおうかと思っています。

 

 

在住外国人の日本の生活のリアルを聞いてみたり、言語を教えあったり、出身の国のことを聞いたり、日本のことについてどう思っているのか聞いたり、

 

すごく充実した時間が過ごせるんじゃないかと思うのです。

 

皆さんの周りにいる外国人の方で興味ありそうな人がいればご紹介ください!!

10月から開催していく予定です。

またお知らせします!

【LINDA FES】イラストの贈呈…!?

昨日、LINDAのギャラリーにて展示中のアーティスト松本 真之さんが「LINDA FES」の作品を提供してくださりました...!

めちゃくちゃ良くないですか、これ...

真ん中に二人がいて、「LINDA FES」当日にある様々な出し物があって、オシャレで楽しそうなイラストです。

これをライブペインティングで1-2時間で作ってしまうのだから、アーティストの方って本当に凄い。

この作品は、当日入り口近くの目立つところに置いて出迎えさせていただきます。「LINDA FES」も松本さんの展示も、9月15日の夜に開催する似顔絵講座もぜひ遊びにきてください。

以上、9月10日のブログでした〜

LINDA のチョークアート

こんばんは!!

 

LINDAのカウンターの上には植物や絵が飾っておりましたが、これはあくまで仮置きで、チョークアートの看板を設置する予定でしたが、やっと届きました!!

 

アメリカのニューヨーク、ブルックリン大橋が大きくかかれ、50年60年代のアメリカの風景を感じさせます。

 

この倉庫をリノベーションし、倉庫感を残した雰囲気をブルクリンスタイルと呼び、左側には、LINDA, LUCIA, CHLOEと言う三人の女性のイラストが描かれています。

 

キャッチーで可愛い、でもスタイリッシュなデザインで、個人的には、好きです。

 

みなさん見に来てくださ〜い